Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジられ犬


 今年も残りあとわずか。今日は仕事納めだった。
 ときどきペットショップへ行って、猫に会うのが私の癒しである。
 ケージに入っている猫たちの体が大きくなると、まだ売れていないのかと心配になる。いなくなると、それはそれでさびしかったりする。
 最近の猫の人気トップ3はスコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、マンチカンだそうだ。
 顔がまん丸くて、どちらかというとぺチャ顔、体もずんぐりむっくりなのが人気なのだ。一見しておとなしそうな、おっとりしていそうな感じだ。
 私はスリムで短毛の猫が好みだ。ロシアンブルー、アビシニアン、シンガプーラなどの大きな目、つやつやの毛並み、俊敏な動きに惚れ惚れするのだ。
 ところで種類の数でいえば、犬は猫に負けていない。
 パグ、ボストンテリア、フレンチブルドッグ。この3つの犬種の見分けがつく人って、世の中に何%いるのだろう。
 この3犬種のファンのためにPE・CHAという専門誌が発売されている。他の犬は一切登場しないというコアな雑誌だ。ページを開くとタイトル通り、みな顔がぺチャっとしているだけである。彼らを見分ける方法など到底思いつかない。
 よくよく見ると、パグだけが耳が垂れている。
 こんなことに気がついたからといって、役に立つわけでもないことはわかっている。しかし、発見したときは相当うれしかった。
 BUHIという雑誌もある。こちらはフレンチブルドッグ専門誌。
ブヒというタイトルが付けられてしまうくらい、ブタに似ているのは疑いない。飼い主へのインタビューが載っていて、「フレンチブルドッグと暮らしてから改めて感じたり、気づいたことがあったら教えてください」の質問に、「ほんとはブタさんなんじゃないの、と思うときがあります」と答えている。飼い主がこう言っているのだから、間違いないのだ。
 続いて、Shi-Baという雑誌があるのをご存知だろうか。よく見かける茶色くて、しっぽがくるりんちょの柴犬専門誌だ。
 5ヶ月、1歳、3歳、5歳、10歳の柴犬の写真を並べて、それぞれの違いを述べている記事があった。若くても年をとっていても、みなそっくり。私には同じ一匹の犬に見えてしまうのだった。
 興味深かったのは、色が茶や黒ではなくて、しましま犬と呼ばれている種類があるということだ。しましまというより、茶と黒のブチに見える。このしましま犬を飼っている人たちのコメントがおもしろい。
「犬が枯れた草の上に寝ていると、どこにいるのかわからない」「子どもにハイエナやオオカミに似ていると言われてしまう」「シベリアンハスキー犬にまちがえられる」「犬以外の動物にまちがえられることもあり、オオカミやクマまでは許せたが、ウマと言われたときは本当に驚いた」「ドッグランに行くと、何もしないのに怖がられる」
 色が違うというだけで、同じ柴犬でもこのような運命をたどってしまうのである。
 確かに写真で見る限り、しましま犬は枯れた草の上に寝ていれば、どこにいるか発見されることはないだろう。
 ついでにWanビーグルという雑誌も紹介する。
 BUHIやShi-Baと比べると、ユーモアがない。
 なんでもビーグル犬はイギリス生まれの由緒正しい猟犬なのだそうだ。しかしその特質はしつけが入りやすいが、食べ物に対する執着心がすごいと書いてある。これも由緒ある家柄となにか関係あるのか。
 猫が好きな人のための専門誌ももちろん発売されているが、犬専門誌の方がおもしろさでは上。ペットショップへ行っても、犬と猫の比率は8:2くらいだろうか。
 そんなわけで、くやしい私は犬をちょっとイジって楽しんでしまう。
 犬の飼い主のみなさま、本当にごめんなさい。
スポンサーサイト

初体験

 夫がSさん主催のクリスマスパーティーに参加するから、300円くらいのプレゼントを用意しなきゃならないという。あっさりと「買ってきて」とお願いされてしまった。しかし、顔も知らない人にプレゼントを買うのは難しい。なんといってもSさんの場合は、お菓子などの食べ物はダメ。60代の男性であることから、かわいい雑貨小物などもおそらくダメだろう。
 頼みの綱の100円ショップ。自分が欲しい物はたくさん売っているが、Sさんには何を買ったらいいのか、さっぱりわからない。
 向かえの雑貨屋へ行く。店内をくまなく探したが、300円ではほとんど何も買えない。あきらめかけた頃、レジ横にストラップがたくさんかかっているのが見えた。
 それはパッチワークの布でできたアルファベットの文字たちだった。中に綿が詰められていて、フワフワ。生地もかわいい。毛糸でできたカラフルなポンポンが3つ、ついている。お値段は399円。99円オーバーだがいいだろう。「S」の文字を探すが見つからない。もしかして売り切れ?店員に聞くとやはり品切れ状態だという。
 いや、待てよ。これなら自分で作れるかも。私のテンションは一気に上がった。太くて丸っこい字体にすれば、縫うのは簡単。大きなアルファベット文字のパッチワークを作ろう。そう思った。
 さっそく100円ショップへ戻り、手芸コーナーへ。布2種類、フェルト、合皮ヒモを選んだ。布はたくさん余るだろう。そうだ、他の人にも作ってあげよう。次々、友人知人の顔が浮かび、たくさん作りたくなってきた。結局、布はもう2種類買い足した。うれしくてルンルンしながら帰った。
 夕食後とりかかると、「S」を一つ作るのに思った以上に時間がかかってしまった。約3時間。しかも裁縫が数年ぶりだった(ボタン付けくらいなら、たまにはやるのですが)ので、縫い目がとても汚い。ひどい状態である。私は一体、何を作ってしまったのでしょう。「S」に見えるのだろうか。
 夫が帰宅して案の定、「これ、なに?」と聞く。
「Sさんの『S』だよ」
「ふーん」
 そしてニヤニヤして『S』を見ている。
「Sさん、麻雀好きなんだよな。麻雀パイも3つ作ってよ」
 え?麻雀パイを3つも作れっていうの?しかしここは引くことはできない。なぜかわけのわからないプライドである。パイの柄を3種類教えてもらった。
 私は長方形のパッチワークをまず2つ作った。(この時点ですでに3つ作る気が感じられない)そしてパイの柄をフェルトで縫い付けた。
 なんじゃ、コレ状態である。3つ目も作ろうかと思ったが、彼の求める柄が細かくてめんどくさい。
「もう疲れたから、パイは二つでいい?」
「いいよ」
あ~、よかった。
「S」とパイ2つ、どうやってつなげようかと悩んだ。まず「S」の下にパイを一つ糸でつなげ、その下にまた一つつなげた。作品は上のヒモを持つと、縦長になった。
 しかし、こんなものをパーティーに持って行っていいのだろうか。フェルトでつけたパイの縫い目の汚さが妙に目立つ。つけ直したい。だが、もう疲れたからやめたい。しっかし、こんなお粗末なものを…。葛藤である。
 夫に「どう?」と完成品を見せると「お、すごい!」と喜んでいる。彼の目には細かいことは入らない。私もこれで納得するしかない。
 袋に入れてクリスマスカラーのリボンをつけると、それなりのプレゼントに見えてくるから、不思議である。
 実はこのストラップ(?)を完成させるのに3日もかかり、寝不足でぐったりである。こんなことなら、何か買えばよかったのかもしれない。
 当然、二人目のために作っているわけがないのだ。生地はたくさん余ったが、いい経験になったということにしておこう。みなさま、メリークリスマス!

時計台の鐘がなる札幌の市民です~札幌市民憲章より


 札幌時計台といえば、いわずと知れた日本三大がっかり名所の一つである。とはいえ観光客にいつも周りを取り囲まれ、地元の人が見学するのは場違いな気がするほどだ。
 私は最近生まれて初めて時計台の中に入った。そして居合わせた年配のご婦人に
「私、札幌で生まれ育ったんですが、時計台の中に入るのは初めてなんです」
と話しかけた。すると
「あら、あなたまだいいわよ。私なんて87年間で初めて入ったのよ」
と言われてしまった。
 ひょんなところで年の功を感じたわけだ。

 それはさておき、私は明治ロマンが大好きだ。私のいう明治ロマンとは作家、有島武郎の未完の大作「星座」の世界だ。執筆中に自殺してしまったので、この物語は完成しなかった。つまりストーリーに終わりがないのだ。それがよけい私をロマンにかきたてる。現実の世界だって終わりがない(いつかは終わりが来るかもしれないが)。今という時は明治時代から、またもっとはるか昔から続いているのだ。

 「星座」の中では当時の札幌農学校(現、北海道大学)の学生たちの暮らしが生き生きと描かれていた。
 有島は農学校の19期生だった。晩年に(といってもまだ30代であるが)、札幌で過ごした学生時代を思いだし書いたのである。それはあまりにリアルな感じがして痛々しいほどだった。
 私が一番印象に残っているシーンは、結核を患いながら学業に励み仲間と分かち合う主人公が、一人で時計台の塔に上るところだ。
 農学校の演舞場だった二階建ての時計台から、当時の札幌を一望することができた。人口はまだ3000人余りだった。鐘の音は町中に鳴り響き、時刻を知らせた。
 主人公は塔の西向きの窓から景色を眺める。彼の目から見えた札幌の町並み。その描写は当時の写真よりもはるかに私の目に焼き付いた。
 有島の本を読んだきっかけは、祖父がニセコ町出身で有島と同郷だったからだ。幼い頃一緒に遊んだこともあったと聞いている。
 つまり有島の小説の世界は、私にとって祖父が見た世界そのものなのだ。「星座」に登場する若者一人一人が星ならば、祖父もまたその星の一つなのだ。
 本のあとがきによると、実は時計塔には西向きに開かれた窓はない。南向きについている。有島の記憶違いだろうと書いてあった。
 読み終わったあとすぐに確かめにいった。その通りだった。
 このことが時計台をさらに身近なものに感じさせた。

 今では高層ビルに囲まれ多くの人をがっかりさせてしまうが、明治11年にはここは広大な農学校の敷地だった。その姿を想像してみれば少しもがっかりする必要などないのだ。

 87歳のご婦人は「私、若い頃よく歌ったものよ」そう言って「時計台の鐘」という曲をなつかしんでいた。
 私はこの曲を知らない。なんだかさびしい気がした。
 この気持ちは私が生まれ故郷、札幌を愛しているという証拠に他ならないのだ。

おせち料理


 犬のためのおせち料理があることを知ったのは、2、3年前だったと思う。
 近所のスーパーの広告におせち料理の特集が載っていた。大きくて立派な人間用のおせちの写真に混じって、小さな犬用の写真があった。しかしその存在感はおそろしくでかかった。
 当時は驚きとおかしさが私の中でぐるぐる回っていた。

 つい最近、テレビで某デパートのおせちコーナーが出ていた。最後の紹介されたのは、やはり犬用おせちだった。そして女性アナウンサーが店員に「一番人気があるのはどれですか」と聞くと、「犬のおせちです」と言われてびっくりしていた。予約の数が一番多いのだそうだ。さらにこの商品は人間用おせち一人分3,990円より値段が高い。アナウンサーはまたまたびっくりして、「人間のより高いということですね!」と甲高い声を上げた。

 気持ちはわからなくもない。
 一体、世の中はどうなったのだろう。私なんて、そこまで考えた。(貧乏人のひがみなのかもしれない)
 これはもう検索するしかないと思い、さっそくパソコンに向かった。
 犬用おせちの内容はというと、ローストビーフ、さつまいもきんとん、生鮭とチーズののり巻、肉団子、ささみと根菜の煮物などなど。
 犬ってやはり雑食なのだな。
 おやつのおせちというのもあり、ケーキ、まんじゅう、せんべいなどが入っている。
 要は人間と同じなのである。味付けや細かい材料は違うのだろうが、感覚的には同じ。
 いやー、たまげたものですね。
 デフレスパイラルに陥って20年が経つ、物が売れないこの日本で、この市場は急速に拡大しているに違いない。
 ちょっと気になるのは「犬のおせちって、誰のためにあるの?」っていうこと。
 犬にはお正月やお年玉、除夜の鐘も深く理解できない(たぶんね)のだから、やっぱり飼い主が楽しむためということになる。当たり前といえば当たり前。
 お年玉といえば、犬用の松阪牛クッキー320円(一枚)には、「お年玉やプレゼントにぴったり」と説明が書かれていた。しつこいようだが、犬にぴったりなわけではない。飼い主にぴったりなのだ。
 当然のように、犬用クリスマスディナーや猫用クリスマスケーキも存在する。

 お正月の楽しみ方は人それぞれ。日本の伝統文化を大切にすることには大賛成。
 ペットの洋服やおやつ、高級フードが経済成長とともに身近になったように、おせちやクリスマスケーキもそうなるのだろう。
 しかし、なにかが引っかかるのだ。日本の外の世界(あるいは国内の別の場所)に目を向けてみれば、違うお金の使い道があるかもしれない。もっとも物に対してそんなことを考えていたら、キリがないのだろうが。
 まあ、人がなににお金を使おうとそもそも他人がとやかく言うことではないのだ。私自身もお金の使い方の難しさを日々実感している。
 そんなわけで日本経済や世界情勢まで考えさせられる犬のおせちの話でした。

日曜日


 またしても、である。
 集中暖房の効いているぬくぬくとした部屋で、ただのんきに、ぐうたらと素敵な休日を過ごしてしまった。
 夫なんて前日の夜から、「おれは明日、どこにも出かけないぞ」と宣言。家でひたすらビロ~ンとするのを楽しみにしているのだ。
 私は前回の休日には、家の前にあるコンビニにしか出かけなかった。あのコンビニより遠いところへ行かなければ「もう私、ダメになるかも」との思いが芽生え、スーパーまで足を伸ばした。たいした距離ではないが、これでちょっとマシな人間になったような気がしたのだった。

 さて日曜日の夫の楽しみといえばズバリ「新婚さん、いらっしゃい」と「アタック25」である。特に「アタック25」は解答者と競い合うように、大きな声でクイズの答えを叫ぶ。私もつい気になって、テレビを覗きこんでしまうのだ。
 今日の解答者は4組とも夫婦ペアである。私はすぐに気がついてしまった。どの夫婦もとてもよく似ている。同じ顔をしているのに、さらに同じメガネをかけているカップルもいる。みんな仲が良さそうだ。まあ、仲が悪かったら、一緒にテレビに出ようとは思わないのだろうけど。
「ピーターラビットとムーミン、先に出版されたのはどちらか?」
 ある奥さんが「ピーターラビット」と答える。思わず「私もわかってたー!」と言うと、夫も「おれも知ってた!」と、うれしそうにノッてくる。
「デビュー40周年で、心の旅…」
 質問が終わらないうちに別の奥さんが「チューリップ」と答えると、司会者、浦川アナウンサーが「正解!デビュー40周年で心の旅、虹とスニーカーの頃などのヒット曲をもつグループはなにか、でした。いやあ、奥さん、お見事!」
 私が「ユーミンかと思った。デビュー40周年っていうから」と言うと、「おれもユーミンかと思った」とノリノリで返ってくる。
 歴史に関する問題などはちょっとむずかしい。
「EUに加盟している国は、何カ国か?」の質問に「27カ国」と答えられる奥さんがいて、すごいなあと思ってしまった。
 ちなみに「アタック25」は1975年にスタートし、日本のクイズ番組の中で最も放送年数が長いのだ。(だからどうっていうわけじゃないけどね)
 そして夫のルールによると、基本的には答えがわかった場合、テレビの前で声に出して言わなければならない。後から「さっきの答え、知っていたよ」と言っても、なぜか許されないのだ。
 今日は地中海クルーズをゲットできたペアはいなかった。しかし私たちはこのクルーズをかけた最後の問題の答えが「淡路島」だとわかっていた。もし出演していたら地中海に行けたのに、と勝手に思い込んでしまうアホな夫婦である。

 こんな私たちも他人から見たら似ているのだろうか。
 夕方には第二ラウンド「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」がある。その前に買い物へ行ってカツオのたたきを買ってこなきゃ。これは彼のリクエストだが、別に「サザエさん」を見ながら食べたいわけではないのだろう。ただの偶然だ。そんなことを考えながら雪道をスーパーへと向かった。

「日本の恋と、ユーミンと。」

 風邪を引いてヨタヨタするとは、すっかり弱いおばさんになったものである。

 2012年11月20日、ユーミンこと松任谷由実のデビュー40周年アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」が発売された。
 私はこのタイトルを見て、なんだか「あ、やばい」と思った。今の若者がひんぱんに使う「やばい」ではなくて、少々あせったときに用いる従来の「やばい」である。
 なぜかというと、自分の恋とユーミンの歌がコラボした記憶が全然ないのである。
 世間一般の同年代の女性はほとんどみな、自分の恋愛をユーミンの歌に重ねてきた。テレビでインタビューを受けていたある女性は、若き日々を思い出し、興奮気味に語る。「もう、いっつもユーミンの曲が流れてるって感じでした」と。
 ちなみに私もそうありたかったんである。ユーミンの曲は大好き。だからアルバムタイトルを見たとき、自分の過去が「なんか、やばくない?」と感じてしまった。(よく考えると、決してやばくはありません、はい)
 デビュー当時のユーミンのことは、よく知らない。
 私が初めて知った曲は81年の「守ってあげたい」で、薬師丸ひろ子主演の映画「ねらわれた学園」の主題歌だった。映画館でこの曲が流れたときは、どこの誰が歌っているのかわからなかった。やがてヒットチャートで耳にするようになり、それがいわゆる第2ユーミンブームの幕開けであった。70年代前半にヒットを飛ばしていた荒井由実という歌手がユーミンだった、ということを知ったのはもっと後のことだった。
 11月30日、NHKで「松任谷由実 デビュー40周年~果てない夢の旅」という番組が放送された。80、90年代の大スぺクタルなライブの映像が映し出された。当時のことをユーミンは「今でも本当にやったのかな、って思っちゃいます」、そして「そういうときは過ぎていくものだってわかっていたし。だから、思いっきりやりたかった」と語る。
 それを聞いて、あの頃会場に足を運んでおけばよかったなあと、後悔した。
 今年ユーミンはイギリスのアビーロードスタジアムで、プロコル ハルムと「青い影」で共演を果たした。ユーミンが若い頃、深く影響を受けたバンドである。学生時代に、教会のパイプオルガンの音色に感動し、それまでのギターのロックではなくて、キーボードのロックができないものかと思ったそうだ。
 今、この「青い影」を聞くと、ユーミンがどれだけこの曲に憧れて、自分の音楽を作ってきたのかがわかる。
 テレビを見ていてその飾らない、謙虚な人柄にあらためてうれしくなった。すばらしい曲を作り、ド迫力のステージをやっても、どこか普通の人。そんなところがとても好きだ。
 現在58歳にして、アルバム総売上枚数3000万枚を突破した。
 いくつになっても新しいことに挑戦するのっていいな、と思う。
 私もユーミンのようなおばさんをめざしてガンバるぞ。

the lazy day


 ひどいぐうたらである。
 もうなにもしたくない。
 今日は向かえのコンビニに出かけただけだった。
 こんなんでいいわけない。誰か助けてください。

 そもそも一番悪いのは、家なのだ。暖かくて、ぬくぬくしていて、居心地が良すぎる。外は吹雪だというのに。
 これでは家から一歩も出られないのも無理はない。がんばって行った場所がコンビニである。

 コンビニではカップ麺を見比べて、結局オーソドックスなチキンラーメンを選択。
 これがうまい。テーブルについて食べるのではなく、テレビの前のソファーで食べる。あー、最高。
 なんて自分に甘いのだろう。
 もうなにもかもいやになるほどの、甘ちゃんである。

 普段はテレビをあまり見ないのに、料理番組なんぞ見てみる。すると、いっちょう前にまたおなかがすく。チキンラーメンと一緒に買っておいたベビースターラーメンが頭に浮かぶ。当然、しまっておいた棚に取りにいく。こういう時は足取りが軽い。
 袋を開けて、座る前にもう食べ始める。座ってテレビを見ながらやっぱり完食。塩分だけはしっかりとったな。あ、カロリーも。
 今日はあと、なにをしただろう。トイレに行った。ガムを食った。歯みがきもした。

 「明日なにができるか」ではなくて、「今日なにができるか」を考えて生きることが大切なのだそうだ。これは格言。
 昔、「ダイエットは明日から~♪」っていうCMがあったな。
 こんな私にも明日がある。なんか前向きになってきた。
 どうしようもない私を誰か、しかってください。

Appendix

プロフィール

RISA

Author:RISA
本とカフェ巡りが好きな40代女性です。北海道札幌生まれ。
いつか本を出版するのが夢☆です。

現在、およそ2日に1度のペースで更新中です。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。